家具や楽器の修理を専門業者へ~修理しま専科~

大事なものを修理

まずはお店に

piano

ギターの修理は、楽器店に依頼するのが一般的である。簡単なネックのそりから、ボディの傷の補修、ナットやペグなどの破損など、楽器の修理が必要なケースにはほぼすべて対応している。簡単な修理であれば、店舗内で行い、特別なパーツが必要な修理の場合は、楽器メーカーに送り修理依頼を代行することもある。 壊れた楽器を店に持ち込み、問題が生じている点を説明し、相談の上対応を決定する。場合によってはメンテナンスを依頼し、気づくことができなかった問題点を浮き彫りにし、修理するかどうかを考える。 店舗については、チェーンから専門店まで様々であり、必要に応じて店舗を選ぶこともできる。より専門的なメンテナンスや修理が必要な場合は、専門店に頼むのもいいのではないだろうか。

初心者は無理

ネックのそりやボディの小さな傷などは、自分でも修理可能である。ある程度習熟した者であれば、自分で直しているという人も少なくない。しかし、初心者の場合は、逆に楽器を痛めてしまう可能性もある。教本通りやっても、上手くいかないことがある。 しかし、リスクを承知で自分で始めてみなければ上手くはならない。自分でやってみて、万が一楽器を破損してしまった場合に楽器店に持ちこむのがいいだろう。もしくは、修理をする前に、自分でやってみたいと楽器店で説明して、アドバイスをもらうのもいいだろう。 楽器店は初心者にとって、保険として機能する。また、修理やメンテナンスに限らず、様々なアドバイスをもらえる場所でもある。そうして楽器の状態を維持することで、長く演奏を楽しむことができるのである。